オオバミゾホオズキ

トップ > シソ目 > ハエドクソウ科

 「オオバミゾホオズキ」は北海道から本州中部にかけて分布するシソ目ハエドクソウ科の多年草です。主に日本海側の高山帯の湿地などで見ることができます。
 茎は枝分かれせず真っ直ぐ伸び,30cm程度になります。葉は対生し鋭い鋸歯がまばらにつきます。花期は6月から8月で,細長い花柄をもった黄色い花を咲かせます。似た種類に「ミゾホオズキ」がありますが,本種はミゾホオズキより高地で見られ,ミゾホオズキは葉柄が長く鋸歯がないのに対し,本種は葉柄がなく鋸歯があることで見分けることができます。
→ミゾホオズキ