ミチノクヨロイグサ

トップ > セリ目 > セリ科

 「ミチノクヨロイグサ」は本州東北地方から中部地方にかけて分布するセリ目セリ科の多年草です。低山から亜高山の草地や林縁などに生育し,草丈は2m以上になります。
 葉は大きく小葉は長楕円形で粗い鋸歯があり,先端は鋭く尖ります。花期は6月から7月で花序は複散形花序で白い小さな花を多数つけます。「ミヤマシシウド」に似ていますが,ミヤマシシウドの葉裏の脈上に毛がありますが,本種にはありません。そのため「ケナシミヤマシシウド」の別名があります。

            ↑ 葉の様子です。