シロツメクサ

トップ > マメ目 > マメ科

 「シロツメクサ」は北海道から沖縄にかけて分布するマメ目マメ科の多年草です。踏みつけに強く,道端や空き地などいたる所で見ることができ,地表近くに地下茎を張り巡らせ,所々から茎を伸ばし葉や花をつけます。
 ヨーロッパ原産の帰化植物であり,日本には江戸時代にガラス器などの緩衝材として渡来しました。その後明治時代に家畜の飼料として導入されたのが野生化して全国に広まりました。