ミタケスゲ

トップ > イネ目 > カヤツリグサ科

 「ミタケスゲ」は北海道から本州中部にかけて分布するイネ目カヤツリグサ科の多年草です。亜高山から高山の高層湿原などに自生し,草丈20cmから50cmくらいになります。
 葉は細長い形で数枚つけます。花期は6月から8月で,細長い花茎を伸ばし,先端に細長い雄小穂をつけ,その途中に星形の雌小穂を数個つけます。ミタケスゲは「御嶽菅」と書き,高山に生えることが名前の由来になっています。