オオバギボウシ

トップ > キジカクシ目 > キジカクシ科

 「オオバギボウシ」は北海道から九州にかけて分布するキジカクシ目キジカクシ科の多年草です。山地の林縁や草原に生育し,若葉は山菜の「ウルイ」として知られています。
 草丈は50cmから120cmくらいになり,葉は根生葉で卵形で長い柄があります。花期は6月から8月でたくさんの漏斗型の白い花を円錐状に咲かせます。名前の由来は,蕾が橋の欄干にある「擬宝珠(ぎぼうし)」に似ているところからつけられました。