イブキジャコウソウ

トップ > シソ目 > シソ科

 「イブキジャコウソウ」は北海道から九州にかけて分布するシソ目シソ科の常緑矮性低木です。低山から高山の日当たりのよい岩地などに生育し,樹高は2cmから10cmくらいになります。
 茎は細く地表を這って分枝します。葉は卵形から狭卵形で対生します。花期は6月から8月で,枝の先に花穗を付け紅紫色の花をたくさん咲かせます。名前の由来は,滋賀県の伊吹山で発見され,麝香(じゃこう)のような香りがあることから付けられました。