クチナシ

トップ > リンドウ目 > アカネ科

 「クチナシ」は本州東海地方以西から沖縄にかけて分布するリンドウ目アカネ科の常緑低木です。園芸用として栽培されることが多く,果実は漢方薬の原料(山梔子)になります。
 樹高は1mから3mくらいになり,葉は対生し,形は長楕円形で表面にはツヤがあります。花期は6月から7月で,葉腋から短い柄を出し,白い6弁の花を咲かせます。

      こちらは八重咲きの花です。