ハナイカリ

トップ > リンドウ目 > リンドウ科

 「ハナイカリ」は北海道から九州にかけて分布するリンドウ目リンドウ科の一年草または越年草です。山地帯から亜高山帯の日当たりのよい場所に生育し,草丈20cmから60cmになります。
 茎は直立してその断面は四角形になります。葉は対生し長楕円形で先端がとがります。花期は8月から9月で,長い花柄のある淡黄色の花を咲かせます。花は船の碇のような形をしており,それが名前の由来になりました。