ミヤマウズラ

トップ > キジカクシ目 > ラン科

 「ミヤマウズラ」は北海道から九州にかけて分布するキジカクシ目ラン科の常緑多年草です。山地の林内や林縁などのほか人里近くでも見ることができます。  茎は地を這い,節ごとに根を張ります。葉は先のとがった卵形で、地面近くで互生します。葉には白い網目状の斑が入り,この様子がウズラの羽の模様に似ていることが名前の由来になっています。花期は8月から9月で,花茎を伸ばし薄いピンク色の花を多数咲かせます。

   葉の様子です。