ハリブキ

トップ > セリ目 > ウコギ科

 「ハリブキ」は北海道から四国にかけて分布するセリ目ウコギ科の落葉低木です。深山の針葉樹林内などのやや薄暗い場所に自生し,樹高1mくらいになります。
 全体に針状の棘が密生して,幹はほとんど分枝しません。葉は互生し,形は大きな円形で掌状に7から9裂します。花期は6月から7月で,茎の先に円錐状の花序を出し淡黄色の小さな花を咲かせます。名前の由来は全体に針のような棘があり,葉がフキに似ているところからつけられました。