ネバリノギラン

トップ > ヤマノイモ目 > ノギラン科

 「ネバリノギラン」は北海道から九州にかけて分布するヤマノイモ目ノギラン科の多年草です。日本固有種であり,山地から高山帯の湿った草地で見ることができます。  地下に太い根茎があり横に伸びていきます。葉は根出葉で披針形から倒披針形をしており先は尖ります。花期は4月から7月で,葉の間から花茎を伸ばし,黄褐色のつぼ形の花を多数咲かせます。名前の由来は,ノギランに似て粘着する腺毛があるところからきています。

 黄褐色の花に混じって,白い花を咲かせているものもありました。