ホソムギ

トップ > イネ目 > イネ科

 「ホソムギ」は北海道から九州にかけて分布するイネ目イネ科の多年草です。ヨーロッパ原産の帰化植物であり,日本には明治時代初期に移入され,道端や休閑地などで見られるほか,牧草として栽培されています。
 草丈は30cmから60cmくらいになり,葉は細長く多くは根生します。花期は5月から6月で,穂状の花序をつけます。ネズミムギに似ていますが,本種には芒と呼ばれる穂の先端につく針状の突起物がありません。
→ネズミムギ