ハクサンタイゲキ

トップ > キントラノオ目 > ドウダイグサ科

 「ハクサンタイゲキ」は本州東北地方から中部地方にかけて分布するキントラノオ目トウダイグサ科の多年草です。亜高山帯の草原などで見ることができ,草丈50cmから70cmくらいになります。
 茎は直立し,下の方の葉は狭楕円形で互生し,茎の先の葉は輪生します。花期は6月から7月で,輪生した葉の中央部から数本の柄を伸ばし2枚葉が対生し,その中に花を咲かせます。本種は「ミヤマノウルシ」の別名があります。