クリ

トップ > ブナ目 > ブナ科

 「クリ」は北海道西南部から九州にかけて分布するブナ目ブナ科の落葉高木です。山野に自生するほか,各地で栽培されています。
 樹高は15mくらいになり,樹皮は灰色で厚く,縦に深い裂け目があります。雌雄異花であり,花期は6月から7月です。花は穂状で斜めに立ち上がり,全体にクリーム色を帯びた白で,香りが強く昆虫が多く集まります。雌花は通常3個の子房があり,受粉すると秋にくりの実をつけます。写真のものは野生種ですが,野生種のものは「シバグリ」または「ヤマグリ」と呼ばれます。

   ↑雌花の様子です。