ミヤマウメモドキ

トップ > モチノキ目 > モチノキ科 > モチノキ属

 「ミヤマウメモドキ」は東北地方と中部から近畿地方の日本海側に分布するモチノキ目モチノキ科モチノキ属の落葉低木です。湿り気の多い山地で見ることができ,樹高2mから3mくらいになります。
 葉は倒披針形で先に行くにしたがい幅広くなります。花期は5月から6月で,葉腋に4個から6個の白い花をつけます。雌雄異株であり,雌花には緑色で球形の子房に直接柱頭がつく雌しべと白色の退化した雄しべがあり,雄花には4個から5個の雄しべと退化した雌しべがあります。(写真のものは雌花です)