イグサ

トップ > イネ目 > イグサ科

 「イグサ」は北海道から沖縄にかけて分布するイネ目イグサ科の多年草です。湿地や浅い水中に生え,草丈40cmから1mくらいになります。
 茎は地下茎となっており,泥の中を短く這います。葉は退化しており見た目はわかりません。地上に伸びたものは花茎であり,5月から9月に花序をつけます。花序の先には茎状の長い苞が伸びるので,見た目は茎の途中から花序が出ているように見えます。
 イグサというと畳表の材料と知られていますが,使われるのは「コヒゲ」と呼ばれる品種で,水田で栽培されます。