モミジカラマツ

トップ > キンポウゲ目 > キンポウゲ科

 「モミジカラマツ」は北海道から本州中部にかけて分布するキンポウゲ目キンポウゲ科の多年草です。高山植物であり,亜高山帯から高山帯の湿り気のある林内や林縁などで見ることができ,草丈40cmから60cmくらいになります。
 根出葉を2枚から3枚出しますが,形は掌状をしています。花期は7月から8月で,細い花茎を伸ばし,その先に白色の花を多数咲かせます。花には花弁はなく,白いものは雄しべであり,中央部の黄緑色のものが雌しべです。

←葉は掌状をしています。