コニシキソウ

トップ > キントラノオ目 > トウダイグサ科

 「コニシキソウ」は北海道から九州にかけて分布するキントラノオ目トウダイグサ科の一年草です。北アメリカ原産の帰化植物であり,日本には明治時代中期に渡来し,今では道端や畑,荒れ地などに生育しています。
 茎は長さ10cmから20cmになり地を這って広がります。葉は対生し,葉表には暗紫色の斑紋があります。花期は6月から9月で,茎の先の葉腋に淡紅紫色の杯状花序をつけます。名前の由来はニシキソウに似ていて小さいところからつけられました。