フランスギク

トップ > キク目 > キク科

 「フランスギク」は北海道から九州にかけて分布するキク目キク科の多年草です。ヨーロッパ原産の帰化植物であり,日本には江戸時代後半に観賞用として持ち込まれました。
 茎は直立して高さ30cmから80cmになります。葉はへら形で鋸歯があり基部は茎を抱くようにしてつき,互生します。花期は6月でマーガレットに似た白い花弁の花を咲かせます。
 繁殖力が旺盛であり,道端や草地などいたる所で見ることができます。

 葉の様子です。花はマーガレットに似ていますが,葉は全く違います。