キショウブ

トップ > キジカクシ目 > アヤメ科

 「キショウブ」は北海道から九州にかけて分布するキジカクシ目アヤメ科の多年草です。西アジアからヨーロッパ原産の帰化植物であり,日本には明治時代に観賞用として持ち込まれました。
 草丈(花茎)は60cmから100cmになり,剣形の葉をつけます。花期は5月から6月で黄色い花を咲かせます。花弁の基部には茶色がかった模様があります。水辺や湿地,水田脇などで見ることができますが,繁殖力が旺盛であり,環境省の「要注意外来生物」に指定されています。