ゼンテイカ

トップ > キジカクシ目 > アヤメ科

 「ゼンテイカ」は北海道から本州中部にかけて分布するキジカクシ目ワスレグサ科の多年草です。本種は一般的には「ニッコウキスゲ」と呼ばれ,本州中部では高原などで,北海道から東北地方では海岸近くの湿地や湿原などで見ることができます。
 花期は5月から8月で,花茎は50cmから80cmになり,黄色いラッパ状の花を咲かせます。花は朝咲き夕方には萎んでしまう一日花です。