サワラン

トップ > キジカクシ目 > ラン科

 「サワラン」は北海小津から本州中部にかけて分布するキジカクシ目ラン科の多年草です。日本固有種であり,高地のミズゴケが生える湿地などで見ることができます。
 根茎は球状で緑色をしており,葉は根生葉で線状披針形で基部は茎を抱きます。花期は6月から7月で,伸ばした花茎に紅紫色の唇弁状の花を咲かせます。本種は「アサヒラン」とも呼ばれます。