ワラビ

トップ > ウラボシ目 > コバノイシカグマ科

 「ワラビ」は北海道から九州にかけて分布するウラボシ目コバノイシカグマ科の夏緑性シダ植物です。丘陵地の草原や道端などに群生し,草丈50cmから1mくらいになります。
 地下茎は長く伸び葉を伸ばします。葉は3回羽状複葉で,小葉にはツヤがなく黄緑色をしています。山菜として食用にされますが,灰汁が強いのであく抜きをする必要があります。