コバノフユイチゴ

トップ > バラ目 > バラ科

 「コバノフユイチゴ」は本州から九州にかけて分布するバラ目バラ科の常緑低木です。山地の林床や林縁などに生育し,地面を這うようにして伸び,群落を作ります。
 茎は細く細かく鋭い棘があります。葉は円形または長楕円形で互生し,長い葉柄があり,そこにも細かい棘があります。花期は5月から7月で,白い5弁の花を咲かせます。名前の由来は冬でも緑色の葉を付けているところからつけられました。本種は「マルバフユイチゴ」とも呼ばれます。

←葉は円形をしています。