ドクゼリ

トップ > セリ目 > セリ科

 「ドクゼリ」は北海道から九州にかけて分布するセリ目セリ科の多年生の抽水植物です。水辺や湿原などに生育し,草丈は80cmから100cmになります。
 全体にセリに似ていますが大型です。葉には柄があり,2から3回の羽状複葉で,小葉は長楕円状披針形で縁には鋸歯があります。花期は6月から7月で,花茎の先に複散形花序をつけ,白色の花を球状につけます。本種は有毒植物であり,「ドクウツギ」や「トリカブト」と並んで日本三大有毒植物とされ,若葉をセリと間違って食べ,中毒症状を起こすことがあります。