ミヤマイボタ

トップ > シソ目 > モクセイ科

 「ミヤマイボタ」は北海道から九州にかけて分布するセリ目モクセイ科の落葉低木です。山地の広葉樹林内や林縁などに生育し,樹高2mから3m程度になります。
 葉は披針形から卵形をしており先端と基部は尖ります。花期は6月から7月で,枝先に細い円錐花序を出し,白い花を多数咲かせます。本種は「イボタノキ」とよく似ていますが,イボタノキの葉の先が丸くなるのに対し,本種は尖ります。

 左がミヤマイボタの葉で,右がイボタノキの葉です。花は似ていますが,葉の形は全く違います。