ミツバ

トップ > セリ目 > セリ科

 「ミツバ」は北海道から九州にかけて分布するセリ目セリ科の多年草です。山地の湿り気味の日陰に広く自生し,草丈30cmから80cm程度になります。
 茎は直立し,上部で分枝します。葉は3出複葉で,小葉は卵形で尖り,縁には鋸歯があります。花期は6月から8月で,枝の先から花序を伸ばし,白色の小さな花を咲かせます。本種は食用になるため,江戸時代から栽培されています。