ミヤマタムラソウ

トップ > シソ目 > シソ科

 「ミヤマタムラソウ」は本州の中部以北に分布するシソ目シソ科の多年草です。山地の樹林内の道端などに生育し,草丈30cmから50cmくらいになります。
 葉は羽状複葉または三出葉で対生し,小葉は縁に鋸歯があります。花期は6月から8月で,茎の先端に穂状に咲かせます。花は淡青色の唇形花です。「ケナツノタムラソウ」とも呼ばれ,夏に咲き,花弁に長い毛がたくさん生えていることが名前の由来になっています。

花弁にはたくさんの毛が生えています。

      葉の様子です。