トキンソウ

トップ > キク目 > キク科

 「トキンソウ」は北海道から沖縄にかけて分布するキク目キク科の一年草です。庭の隅や道端,畑などで普通に見ることができます。
 茎は地表を這うように伸び,所々から根を下ろします。葉はくさび形で先端には2〜4個の鋸歯があり,互生します。花期は7月から10月で,葉腋に小さな球形の頭花をつけます。頭花は筒状花だけからなります。頭花を指で押しつぶすと中から黄色い痩果が出てくるところから「吐金草(ときんそう)」の名前がつきました。