タチアザミ

トップ > キク目 > キク科

 「タチアザミ」は本州東北地方から北陸地方の日本海側に分布するキク目キク科の多年草です。日本固有種であり,湿地などに生育し,草丈1mから2mくらいになります。
 茎葉は長楕円形で縁には鋭い鋸歯があり,茎を抱き込むようについています。花期は7月から10月で,枝先に上向きに紫色の花を咲かせます。総包は粘らず,総包片は針状で直立または斜上します。

 葉の様子です。茎を抱き込むようにつき,縁には鋭い鋸歯が見られます。