サジガンクビソウ

トップ > キク目 > キク科

 「サジガンクビソウ」は本州から沖縄にかけて分布するキク目キク科の多年草です。山地や丘陵地のやや乾いた林縁などに生え,草丈25cmから50cmくらいになります。
 根出葉は花が咲く頃にも残り,ロゼット状に地表に広がります。茎葉は小さく線状披針形になります。花期は6月から10月で,枝先に緑白色の頭花を下向きにつけます。花の基部には苞葉があり,総包片の外片は反り返ります。名前の由来は花の形をキセルの雁首に見立ててつけられました。

 茎葉の様子です。