アキカラマツ

トップ > キンポウゲ目 > キンポウゲ科

 「アキカラマツ」は北海道から沖縄にかけて分布するキンポウゲ目キンポウゲ科の多年草です。草原や道端,丘陵地などの水はけが良く日当たりの良い場所で見ることができ,草丈60cmから130cmくらいになります。
 茎は直立し,上部で枝分かれします。葉は3出複葉で互生します。小葉は円形から広卵形で先端は2裂から3裂します。花期は7月から9月で,茎の先端に円錐花序をつけ,淡黄白色の花を多数つけます。花は花弁がなく,糸状の雄しべが目立ちます。

葉は3出複葉で,小葉の先は2裂または3裂します。