オオハンゴンソウ

トップ > キク目 > キク科

 「オオハンゴンソウ」は北海道から沖縄にかけて分布するキク目キク科の多年草です。北アメリカ原産の帰化植物であり,日本には観賞用として明治時代に移入され,1955年には野生化したものが見られるようになりました。
 道端や荒地,湿地など様々な環境で生育し,草丈2m以上になります。花期は7月から9月で,黄色い花を茎の先に咲かせます。
 現在では特定外来生物に指定されており,許可なく栽培や保管などをすることが禁止されています。

 この葉が「ハンゴンソウ」に似ているところから,「オオハンゴンソウ」の名前がつけられましたが,花は全く異なります。
→ハンゴンソウ