ノブキ

トップ > キク目 > キク科

 「ノブキ」は北海道から九州にかけて分布するキク目キク科の多年草です。山地の道端などに生育し,草丈は50cmから80cmくらいになります。
 地下茎は横に伸び,群生します。葉は長い葉柄があり,フキの葉に似ています。花期は8月から10月で,花茎を伸ばし,順次花を咲かせていきます。花後には粘りけのある種子を付け,動物や人に付着して種子が散布されます。

 葉はフキの葉に似ており縁には疎らにトゲのようなものが付いています。また,葉柄には翼があります。