ガンクビソウ

トップ > キク目 > キク科

 「ガンクビソウ」は本州から沖縄にかけて分布するキク目キク科の多年草です。山地の明るい林縁や道端などに生育し,草丈30cmから100cmくらいになります。
 茎は直立し先の方でよく分枝します。根生葉は花が咲く頃には枯れてしまい,茎葉は卵形から卵状長楕円形で先は尖り,縁には鋸歯があります。花期は6月から10月で,茎の先に頭花をつけますが,舌状花がないので目立ちません。名前の由来は,花の形をキセルの雁首に見立ててつけられました。

 茎葉は「サジガンクビソウ」は先が丸くなるのに対し,本種は先が尖ります。
→サジガンクビソウ