メタカラコウ

トップ > キク目 > キク科

 「メタカラコウ」は本州から九州にかけて分布するキク目キク科の多年草です。高地のやや湿った林縁や草地などに生育し,草丈80cmから12cmくらいになります。  根出葉は大きくフキの形をしており,縁には鋸歯があります。花期は6月から9月で,花茎を伸ばし,黄色い花を咲かせます。全体に「オタカラコウ」に似ていますが,本種の方が小さく,花期も早いです。また舌状花はオタカラコウが8枚程度つけますが,本種は2枚から4枚程度しかつけません。

 葉の様子です。縁には鋭い鋸歯があります。