ナツエビネ

トップ > キジカクシ目 > ラン科

 「ナツエビネ」は本州から九州にかけて分布するキジカクシ目ラン科の多年草です。丘陵地から山地の湿り気のある広葉樹林の林床などに生育し,草丈は20cmから40cmくらいになります。
 葉は3枚から5枚で,形は長楕円形で先が尖り,縦皺が目立ちます。花期は7月から8月で,淡紫色の花を10個から20個程度咲かせます。エビネ属の中では本種だけが夏に花を咲かせ,それが名前の由来になっています。

 写真のものは葉が4枚で,縦皺が目立ちます。