イケマ

トップ > リンドウ目 > キョウチクトウ科

 「イケマ」は北海道から九州にかけて分布するリンドウ目キョウチクトウ科のつる性の多年草です。山地の林や草原など日当たりの良い環境で生育し,ほかの植物などに巻きついて,2mから5mくらい伸びます。
 葉は卵形で先端は鋭く尖り,基部は深い心形になり,対生します。花期は7月から8月で,葉腋から長い花柄を伸ばし小さな花を球状に咲かせます。本種は有毒ですが,生薬として利用されることもあります。