スズメウリ

トップ > ウリ目 > ウリ科

 「スズメウリ」は本州から九州にかけて分布するウリ目ウリ科の一年草です。水辺や林縁などの湿った場所に生育し,ほかの植物に巻きひげで絡まるつる性植物です。
 葉は三角状の卵心形で浅く3裂します。花期は8月から9月で,白い花を咲かせます。花には雌花と雄花があり,雌花には下部の子房が目立ちます。名前の由来は,実がカラス(ウリ)より小さいのでスズメ(ウリ)になったという説と,実が雀の卵に似ているという説などがあります。

 花弁は筒状で深く5裂します。雄花は雌花よりしっかり開きます。

 葉は浅く3裂し,縁には粗い鋸歯があります。