ミツバフウロ

トップ > フウロソウ目 > フウロソウ科

 「ミツバフウロ」は北海道から九州にかけて分布するフウロソウ目フウロソウ科の多年草です。平地から山地の草地や林縁などに生育し,草丈30cmから80cmくらいになります。
 茎は基部では横に這い,よく枝分かれします。葉は深く3裂し,対生します。花期は7月から10月で,枝先や葉腋から長い花柄を伸ばして白色から淡紅色の5弁の花を咲かせます。別名は「フシダカフウロ」で節が目立つことが由来になっています。

 葉の様子です。写真の葉はあまり深く裂けていないように見えます。