ヒメガマ

トップ > イネ目 > ガマ科

 「ヒメガマ」は北海道から沖縄にかけて分布するイネ目ガマ科の多年草です。湖沼や河川,ため池,用水路などに生育し,草丈は高いもので2.5mくらいになります。  葉は線形葉で「ガマ」に比べると細くなります。花期は6月から7月で,直立した花茎の先端に雄花群がありその下に雌花群(穂)がつきます。雄花群と雌花群の間には隙間が空いています。「ガマ」や「コガマ」は雄花群と雌花群が繋がっているので,見分けるときの手がかりになります。