イワダレソウ

トップ > シソ目 > クマツヅラ科

 「イワダレソウ」は本州南岸から沖縄にかけて分布するシソ目クマツヅラ科の常緑多年草です。海岸などに自生するほか,各地で植栽されています。
 茎は細長く,基部で枝分かれてして地表を這い,節の部分から根を生やします。葉は倒卵状楕円形で対生します。花期は6月から10月で,葉腋から花柄を立ち上げて花序をつけ,白い花を咲かせます。
 似たものに「ヒメイワダレソウ」がありますが,ヒメイワダレソウは花柄立ち上がらず,花序の上部が平らになります。
→ヒメイワダレソウ