カラマツ

トップ > マツ目 > マツ科

 「カラマツ」は東北地方から中部地方にかけて分布するマツ目マツ科の落葉針葉樹です。亜高山帯から高山帯の日当たりの良い乾燥した場所に生育し,樹高は20mから40mになります。
 日本の針葉樹の中で唯一の落葉性の高木であり,秋になると葉は黄色く色づき,褐色の冬芽を残して落葉します。

   葉の様子です。