ウメガサソウ

トップ > ツツジ目 > ツツジ科

 「ウメガサソウ」は北海道から九州にかけて分布するツツジ目ツツジ科の常緑性草状小低木です。やや乾燥した丘陵地や疎林の林床などで見ることができ,樹高は10cmから15cmくらいにしかなりません。
 葉は長楕円形または披針形で,先は尖り,縁には尖った鋸歯があり,通常2枚から3枚が輪生状につきます。花期は6月から7月で,茎の先に1個の5弁の白い花を咲かせます。