キョウチクトウ

トップ > リンドウ目 > キョウチクトウ科

 「キョウチクトウ」はリンドウ目キョウチクトウ科の常緑低木または常緑小高木です。インド原産の帰化植物であり,日本には江戸時代に中国を経て渡来しました。
 樹高は4mから5mくらいになり,葉は長楕円形をしています。花期は7月から9月で,花弁は基部が筒状で先が5弁に分かれています。色はピンク色のほか黄色や白色など,いろいろな園芸品種があります。本種は根から葉,花などすべての部分に毒があり,誤って摂取すると嘔吐や下痢などの中毒症状を起こします。

 上の写真は白花品種です。