タテヤマウツボグサ

トップ > シソ目 > シソ科

 「タテヤマウツボグサ」は本州東北地方から中部にかけて分布するシソ目シソ科の多年草です。高山帯から亜高山帯の草地などに生育し,草丈20cmから50cmくらいになります。
 茎には粗い毛があり,葉は狭卵形から広卵形で葉柄はごく短く対生します。花期は7月から8月で,茎の先に短い花穗をつくり紫色の唇形花を多数咲かせます。「ウツボグサ」によく似ていますが,本種はウツボグサより花が大きく,色も濃くなります。

 葉柄はないかごく短く,葉は対生します。