オオキンケイギク

トップ > キク目 > キク科

 「オオキンケイギク」は北海道から沖縄にかけて分布するキク目キク科の多年草です。河川敷や道端などで生育し,草丈30cmから70cmになります。茎は束生し,根生葉は3〜5裂しますが,上部の葉は分裂せず粗い毛があります。花期は5月から7月で茎の先にオレンジ色の花を咲かせます。
 北アメリカ原産の帰化植物であり,日本には鑑賞目的で移入されました。繁殖力が強く,荒れ地でも生育できるため,河川敷や道端などの緑化に利用されてきました。しかし,カワラナデシコなどの在来種に悪影響を与えるため,2006年に特定外来生物に指定されました。現在では栽培や植栽が禁止されています。