フウセンカズラ

トップ > ムクロジ目 > ムクロジ科

 「フウセンカズラ」はムクロジ目ムクロジ科のつる性多年草です。北アメリカ南部原産であり現在では東南アジアやアフリカなどに広く分布しています。日本では観賞用として栽培されていますが,逸脱したものが野生化しています。
 日本では一年草で,草丈は3m程度になります。葉は3出複葉で,小葉は披針形で先が尖り,縁には粗い鋸歯があります。花期は7月から11月で,葉の脇から散房花序を出し,白い小さな花を咲かせます。花後に緑色のホオズキのような風船形の実を付けます。

 葉の様子です。2〜3回3出複葉です。