ヒノキ

トップ > マツ目 > ヒノキ科

 「ヒノキ」は本州東北地方南部から九州にかけて分布するマツ目ヒノキ科の針葉樹です。乾燥した場所を好み,尾根筋の岩場などに見られるほか,各地で植林されています。
 幹は直立し,樹高は生長すると30m以上になります。葉は鱗片状で枝に密着し,枝全体が扁平になります。花期は4月で,雄花は枝先に1個ずつつき,雌花は球形で枝先につきます。