アカマツ

トップ > マツ目 > マツ科

 「アカマツ」は北海道南部から九州にかけて分布するマツ目マツ科の常緑性針葉樹です。日当たりの良い場所を好み,山地などでごく普通に見ることができるほか,木材を建材として利用するため,各地で植林されています。
 樹皮は鱗状に剥がれ,生長すると赤褐色になります。「クロマツ」に似ていますが,クロマツの樹皮は赤くならず,葉が堅いため葉先に触ると痛みを感じますが,本種は葉が柔らかく葉先に触れても痛みは感じません。

 樹皮は赤褐色をしています。