オタカラコウ

トップ > キク目 > キク科

 「オタカラコウ」は東北地方南部から九州にかけて分布するキク目キク科の多年草です。山地から亜高山帯の湿った草地や湿原などに自生し,草丈は1mから2mになります。
 根出葉は長い葉柄があり,心円形をしています。葉の縁には鋸歯があります。花期は7月から9月で,茎の上部に黄色い頭花を総状につけます。本種は「メタカラコウ」に似ていますが,メタカラコウの舌状花が3枚程度ですが,本種は8枚程度あります。

 葉は,フキの葉に似て心円形をしています。